【帯状疱疹】の口コミ | 新宿の皮膚科情報ナビ!駅前クリニックなどの⽪膚科の口コミ情報

HOME » 帯状疱疹 » 【帯状疱疹】の口コミ

【帯状疱疹】の口コミ

みどりさん 30代 女性

子供と夫が次々胃腸炎になり、その看病で大変疲れていた矢先、どうも右の肋骨あたりの皮膚がピリピリするように感じ始めました。最初は筋肉痛かと思いましたが、どうも違うような気がして、すぐに帯状疱疹だとピンときました。知人が言っていた「片側だけ」「疲れた時に」「ヒリヒリ」という症状にぴったりだったからです。早めに診察を受け、投薬を始めた方が早く治るとのことだったので、休日でしたが地域の休日外来へ行きました。

診察を受けたのは休日外来で、まだ発疹もうっすら見えるような見えないような……という感じでしたが、症状からまず帯状疱疹だろうと言われました。とりあえず帯状疱疹の薬を処方され、翌日皮膚科に行くようにとの指示でした。
翌日になると発疹もはっきりし、皮膚科でも帯状疱疹だと診断され、引き続き薬を飲みました。なかなか痛みが取れず、次第に耳の中の方まで痛くなり、一週間は苦しい思いもしましたが、二週間ほど経過するとだいぶ動けるようになりました。完全に良くなったように思えたのは、三週間後くらいです。症状としては、結構長引いた方だと思います。最初のうちは子供の面倒をみるのもやっとで、数日は親に手伝いに来てもらい、少し横にならせてもらいました。子供がまだ幼く、水疱瘡の予防接種も未接種だったため、子供への感染も心配でした。お風呂は発疹が乾くまで子供と別々に入りました。

kohji45さん 40代 男性

風呂に入った時に、下腹に水ぶくれがあることに気が付きました。数も2つぐらいで小さく、痛みもなかったので気にしていなかったのですが、2日ほどすると水ぶくれの数が増え大きくなっているように感じました。
その後、痛みとかゆみが混ざってヒリヒリした感覚が強くなりました。原因が分からず心配になり、皮膚科を受診することを決心しました。

診察を受けた結果は、帯状疱疹という診断でした。
私の場合、幼い頃に水疱瘡を経験していますが、そのウィルスは一生に渡って体の中に残るそうです。疲れている時や免疫が弱っている時に、ウィルスが活発に行動して帯状疱疹という形になって表れるそうです。
私が診察を受けた時には、初めて水ぶくれに気付いてから3日ほどが過ぎていました。すでに治りかけの状態でしたが、一週間分の薬を飲むように指示を受けました。
指示どおりに薬を飲み続けると、水ぶくれは徐々に小さくなっていき痛みはなくなっていきました。その後は、かさぶたのようになって、強いかゆみが残りました。かさぶたとかゆみもなくなりましたが、肌には水ぶくれの痕が残りました。
このまま痕は残ってしまうのかと思っていましたが、1ヶ月ほどすると痕はなくなり元通りの肌に戻っていました。