にきび「定期的に受診をして対策」 | 新宿の皮膚科情報ナビ!駅前クリニックなどの⽪膚科の口コミ情報

HOME » ニキビ » にきび「定期的に受診をして対策」

にきび「定期的に受診をして対策」

POMUさん 女性 20代

高校生くらいからにきびが凄かったのですが思春期がすぎれば落ち着くだろうとその時は受診していませんでした。
しかし大人になってもなおらず繰り返し、やがて跡になってきたものもあったので受診しました。
その頃には跡になっているものや、ほほ一面がにきびだらけでした。
市販薬を試してみたり、ビタミン剤的なものをのんでみたりはしたのですが一向になおる気配がなく、薬によってはただれたりしたので病院にいこうと決めました。

病院に行った結果、塗り薬等は処方して貰えたのですが、メイクの落とし残しや洗顔の仕方、保湿の足りなさも原因にあったようなので、その基本的なところから改善しましょうといわれました。
なので今は化粧はしっかり落とし、洗顔も低刺激でもこもこ泡の良く立つものを選んでつかっています。
そのあとに処方してもらったディフェリンゲルをぬっています。
ディフェリンゲルは結構乾燥するので保湿は市販の化粧水に加え、病院でもらった保湿クリームを塗っています。
それだけでも結構減りました。

にきびには乾燥がよくないときいたので今は保湿を頑張っているおかげかだいぶにきびもへりましたし、できてもすぐよくなるようになりました。
しかし薬をぬっていると皮膚が薄くなるときいたので今はできるだけ薬に頼らず、保湿をがんばっています。

ぽんちゃんさん 女性 30代

初めてニキビができたのは小学校6年生の時でそこから顔中にニキビがあるのが当たり前になっていて肌を綺麗にしたいと思いつつも大人になったら治ると信じて何もしませんでした。
20歳を過ぎてもニキビは治らず、化粧水を塗るだけでまるで火を押し付けたような激痛が走り、これはもう病院に行くしかないんだと思い受診を決めました。

皮膚科はステロイドを渡すものだと思っていましたが、実際処方されたのはディフェリンゲルでした。
この薬は身体が慣れるまで副作用があると言われました。
実際、ディフェリンゲルを使い始めてまるで虫が顔中を這ってるような痒みに襲われましたが副作用を乗り切れば絶対に効果があると言った先生を信じて耐えました。

すると1ヶ月を過ぎたあたりからどんどんニキビがマシになってきて化粧水を塗っても激痛が走ることがなくなりました。
それからも先生に言われた通りに定期的に受診して、今は不摂生をした時ぐらいしかニキビができなくなりました。
先生とディフェリンゲルに出会えて本当によかったと思っています。